アウディA3

アウディA3はミドルクラスに属する5ドアハッチバック及び4ドアセダンで、フォルクスワーゲンゴルフとプラットフォームなどを共有しています。小さな高級車というコンセプトで1996年に登場し、当時はA1はまだ開発されていなかったのでアウディのエントリーカーを務めました。エンジンは他のモデルのように縦置きではなく、ゴルフとの関係から横置きとなりました。エンジンのバリエーションを豊富で、スポーティなターボモデルも用意されています。2003年に2代目モデルにフルモデルチェンジが行われ、2012年には現行モデルの3代目にフルモデルチェンジが行われています。

現行モデルの特徴として、データモジュールを介して世界中の情報にアクセスすることできるAudi connectが搭載されたことです。MMI(マルチメディアインターフェイス)も進化し、より使い勝手が良くなっています。エンジンは、低燃費と余裕のあるパワーを両立させたダウンサイジングコンセプトのTFSIエンジンが搭載され、安全面では前走車との距離を感知し、自動でアクセルとブレーキを制御するアダプティブ クルーズコントロールが搭載されています。

新車価格は300万円前後からとなっており、コンパクトなボディサイズから日本の道路事情にも合っているという点で人気があります。買取に関しては、セダンよりもハッチバックのほうがやや高値で推移していますが、目立つような高額な買取が期待できる車種ではありません。そのため相場以上の買取価格を狙う場合は、まずは下取りよりも買取が良いでしょう。また、買取の場合でも、1社からのみ査定してもらうのではなく、複数の業者を通して査定してもらうのがおすすめです。そうすることで業者同士が買取競争を展開し、通常の買取価格よりも高値を引き出しやすくなるからです。旧型モデルは買取価格が大幅に下がる可能性が高いので、高値を狙う場合は現行モデルが良いでしょう。