自動車の下取り査定のメリットとデメリット

自動車の売り方の一つが下取りですが、下取り査定にはメリットとデメリットがあります。

メリットは自動車の乗り換えをスムーズに行える事です。下取りは売却と購入を同時に行う方法ですので、一回の手間で乗り換えを行う事ができます。買取に出す場合ですと売ったり買ったりを別々で行う必要がありますので手間が掛かりますが、そのような手間を嫌う方には下取りが良いかもしれません。

デメリットは安値になる可能性が高い事です。特に新車販売をしているディーラーの場合は中古車オークションのリアルタイムの自動車相場を加味せずに価値を決定します。市場価値の高い車種でも安く見積もりされてしまう事がありますので、売却で損をする可能性が高くなってしまうのです。

オプションパーツに価値を付けないのも安値になる理由です。下取りの場合ですと社外品のカーナビやホイールなどが装備されている場合でもプラス査定にならない事があります。

買取の場合ですとプラス査定にしてくれますので適正価格で売れ易くなりますが、下取りですとそれが無くなってしまいますので、安値になる事が多いのです。

このような理由で下取りは安く引き取られてしまう事が多い為、高く売りたい時には買取に出した方が安心と言えます。

車買取では修復歴は大幅ダウンの可能性が

修復歴のある車というのは、それだけで価値が大幅に下がってしまう可能性は否めません。

修復歴といっても程度がありますから、走行に全く支障がないものもあれば少し走らせてみて影響がわかるぐらいに大きい物もあります。

そのため、購入をするときにはその程度を見極める必要があるわけですが、車買取を利用するときにはすでにどうすることも出来ませんから、あとはいかにうまく交渉をして高く買い取ってくれるかということぐらいしか出来ません。

それでは修復歴があるとなぜ査定額が下がってしまうのかというと、修復歴のある車というのは危険なものだと思う人がいる以上高く買い取ることが出来ないためです。

業者側はプロですから、それがどの程度影響があるのかということを理解することが出来ますが、業者が買った車を最終的に売る相手というのが一般人であり、一般人は修復歴がある車は避ける傾向にありますので買い手が減る分だけ高く売ることが難しくなってしまいます。

高く売ることが難しい車を高く買い取るわけには行きませんから、査定額も下がってしまうことになるのです。

中古車市場というのは最終的な買い手である、一般人が車をどのように判断するのかということが重要となってきますので、修復歴があること以外どれだけ状態のいい車であっても、査定額がアップしづらくなってしまいます。

しかし、だからといってそのことを伏せて買取に出そうとしてもすぐに見抜かれてしまいますし、余計な不信感を持たれてしまうので黙っておくことは禁物です。

低年式車を売るなら⇒10万キロ、20万キロの過走行・低年式車の車を買取に出すことはできるのか?